引っ越し作業員へのチップは必要なの?

大切な荷物を預ける引っ越しの作業員にきちんと作業してもらいたいからといった気持や、重労働なのに暑い時期も寒い時期も頑張ってくれるから労いたいなどの理由から、作業員へのチップを渡したほうがいいのではとお悩みの方もいるかもしれません。

 

昔ならそうした風習も当然のようにありましたが、近年は大手の引っ越し業者をはじめ、地域密着型の中小業者であっても、「作業員へのチップは固くお断りさせていただきます」としている業者が多くなっています。

 

ホームページに記載されていたり、パンフレットや契約書、注意書き書類などに明示されているほか、見積もりスタッフや電話対応したスタッフなどから説明を受ける場合もあります。

 

NGの業者で作業員にチップを渡すことはかえって迷惑にもなりますので、控えるのが賢明です。

 

 

 

心付け程度でOK

チップをあげてはいけない、といったルールやお断りがない業者の場合は、その方の気持ち次第です。

 

必ず必要なわけではなく、業者としてはいただく料金で万全の仕事をするのが鉄則です。

 

もっとも、作業員に直接全てのお金が支払われるわけではなく、作業員も人の子です。

 

ちょっとした気遣いをしてもらえばより頑張ろうとか、いつも以上に配慮してくれたり、いっそう丁寧に作業してくれることもあるかもしれません。

 

もっとも、何千円のお金や万円単位のお金は必要ありません。

 

数千円はあげすぎなくらいで、数百円でもいいわけです。

 

「ジュースでも買ってください」「お弁当でも買ってください」といった一言を添え、それが買える程度のお金を包んであげるだけでも、十分に心や労いの気持ちは伝わります。

 

作業員の方も日当や給料はしっかりもらえるわけですから、それにプラスしてちょっとしたおこづかいをもらえる、その心遣いが嬉しいのです。

 

 

 

飲み物などで心配りを

チップは必ずしも必要ありません。

 

それでなくても、多くの方が引っ越し費用を抑えようと安い業者を探したり、比較検討や見積もりに時間や手間をかけたり、値引き交渉をしたりの苦労をしています。

 

手間をかけてようやく納得の料金や安い業者を見つけたのに、作業員に個別にお金を差し上げて、結局、引っ越し費用が高くなったというのでは意味がありません。

 

お金を包んであげるのではなく、飲み物1本くらいでも労いの気持ちは十分伝わります。

 

暑い日なら冷たい飲み物を1本、寒い時期なら温かい飲み物1本か、たくさんもらったミカンでも差し上げましょう。

 

 

 

まとめ

引っ越し業者の作業員はプロとして、志を持って働いていますので、個別にお金をもらうかどうかで作業の質に違いが出ることはありません。

 

きちんと料金を払えば、誠心誠意作業してくれます。

 

また、心付けがNGの業者もあり、個別にお金を渡す行為自体が作業員の迷惑になったり、その場の雰囲気が悪くなることもあります。

 

一方、お互いの心や気持ちの問題もありますから、ジュース1本程度を買う程度のお金であったり、ジュース1本の差し入れであれば、お互いの信頼関係を築き、作業のスムーズさに繋がることがあります。