ペットを連れた引越し料金注意したい

ペットを飼っている人が引っ越す場合は、第一に移動手段を考えなくてはいけません。

 

自家用車で一緒に移動するのが一番いいですが、自動車を所有していない方や運転免許を持っていないという方はゲージに入れて公共機関を利用する方法もあります。

 

ただ、動物の種類や性格、また他の乗客の体質などによっては周りに迷惑をかけてしまうこともあるので最良の手段ではありません。

 

さらに、作業時の騒音や違和感、環境の変化によりペットがストレスを感じて健康を害してしまうこともあるので、周囲に配慮しつつストレスなく運んであげることを考えるのが重要です。

 

 

 

輸送方法にはなにがある

輸送方法には自動車、電車、飛行機、船、引越し業者、動物輸送専門業者があります。

 

自動車は自家用車、タクシー、バスなどです。

 

最良なのは自家用車で、もちろん輸送にかかる費用もありません。

 

タクシーやバスなどの公共機関に乗せる場合も無料ですが、タクシーの場合は乗車拒否される可能性があり、バスも他の乗客へ配慮するとあまり良い選択ではないでしょう。

 

それは電車でも同じです。

 

飛行機輸送はそれほど高くはありませんが、動物の種類によってはうまく呼吸ができず死亡してしまうこともあるので注意が必要です。

 

船輸送もそれほど高くなく、フェリーならプランによっては同じ部屋で乗船できます。

 

ただ、飛行機や船は引越し先によっては使わないこともあるので、選択肢には入れられないでしょう。

 

いずれの輸送方法も不可能なら引越し業者や専門業者に依頼するしかありません。

 

費用では引越し業者や専門業者が最も割高になりますが、専門業者ならより安全に任せることができます。

 

 

 

引越し業者はペットの輸送はしない

原則として引越し業者ではペットの輸送は行いません。

 

引越し業者は何でも運んでくれるわけではなく、現金や通帳などの貴重品、観葉植物、自動車など一定の荷物に関しては運搬を拒否していますが、そこには生き物も含まれています。

 

ただ、生き物に関しては輸送してくれる引越し業者が存在しないわけではありません。

 

この場合は引越し料金注意してください。

 

移動距離や所要時間によって金額は変わりますが、目安として数万円程度はかかってきます。

 

それなら引越し業者よりも専門業者の方が5000円〜1万円ほど安くなりますが、業者を別途で探さなくてはいけない手間はかかるでしょう。

 

 

 

事前準備をしておく

ペットと引っ越す場合は事前準備が大切です。

 

当日の移動手段はもちろんですが、作業中の面倒は誰が見ておくのかも決めておきましょう。

 

部屋の中で放し飼いにしていると作業中に外に飛び出して行方不明になる、また自動車に惹かれてしまうという危険も潜んでいます。

 

できればゲージに入れるか、首輪をつけて紐で繋いでおくことがすすめられています。

 

また、体調を崩してしまった時のことを考慮して新居の近くにある動物病院の位置を確認して備えておくことです。

 

いざという時にすぐに対処できるよう、事前に準備をしておけばトラブルなく安心してペットと一緒に引っ越せるでしょう。