銀行の住所変更手続きは引っ越し前にすませておこう

新しい入居先へと引っ越しが決まったら、公共料金を支払っている銀行や郵便局の「住所変更手続き」が必要になります。

 

インターネットバンキングを利用している方は、WEBからアクセスをしてネットの変更画面から完了させる事が可能ですが、電話で行う場合は必要書類を事前にそろえておく必要があります。

 

転居先の住所、それから口座情報に個人を特定するための暗証番号もその場で聞かれますので、電話をかける前にメモをとっておくか、通帳を用意しておきましょう。

 

他にも窓口で行う場合は、通帳と届出印を忘れないようにしましょう。

 

ここで注意が必要なのは、転居先の支店へと変更をしなくても大丈夫という事です。

 

支店を変更してしまいますと、口座番号自体が変わってしまいますので、すべての登録情報を変更しなければならなくなります。

 

そうなると、大事な振込や引き落としができなくなってしまいますので、注意が必要です。

 

 

 

出来るだけ簡単に住所変更をしたいなら

銀行の口座を開設して各種支払をその口座から引き落としている場合、新しい住所への住所変更は避けては通れません。

 

窓口、郵送、インターネットを利用することができますが、中には長時間待たなければならない事もあります。

 

そこでおすすめしたいのが、ネットバンキングを利用して変更を完了させるという方法です。

 

自宅でいつでも気軽に住所変更をすることが出来ますので、忙しいビジネスマンも主婦の方にも利便性が高いでしょう。

 

しかし、投資信託の取引をしていると、原則ネットで変更をすることができませんので窓口に行く必要があります。

 

他にも、女性の場合は結婚を機に引っ越しをする場合、口座名義の氏名が変わってしまうこともありますが、これも窓口へ行かなければなりません。

 

 

 

銀行口座が使えない

口座に登録している住所をただしく変更しておかなければ、後々カードの更新で新しいキャッシュカードが本来ならば転居先に届くはずが、いつになっても届かないといったトラブルが発生してしまう可能性があります。

 

その他にも、キャッシュカードのお得なキャンペーン情報や重要事項が記載された郵便物すら届かず思わぬトラブルに巻き込まれてしまったというケースは決して少なくありません。

 

不正利用されてしまう危険性もありますので、現在お使いの口座が使えなくなってしまったときは、すぐに連絡をとるようにしましょう。

 

その日のうちに、窓口へと行き運転免許証や届出印を掲示して本人確認をしてもらえれば、その場で住所変更手続きをしてもらうことができます。

 

正式に処理が行われると、いつも通り銀行の口座を利用することが出来ます。

 

 

 

その他の手続きも忘れないようによう

引っ越しは住まいだけではなく、転入や転出、また水道局にインターネット回線とプロバイダー、お子様がいらっしゃる場合は転校の手続きも必要になるでしょう。

 

ガスや電気は早めに連絡をしておかなければ、転居先で明かりがつかない、お風呂に入れないなどの不便な生活をおくる事になってしまいます。

 

このように、困ったことにならないためにも、事前にチェックリストを作成して一つずつ完了させるのが一番です。