ご夫婦やカップルの引越しは日程と業者の選定が決めて

カップルが同棲したいと思ったとき、2人で暮らす家を探すより、どちらかの家に転がり込むというケースが少なくありません。

 

いずれか広い賃貸住宅へ移るケースや、実家暮らしの人が賃貸暮らしをしているもう一方の恋人の家に荷物を運びこむというのがよくあるケースです。

 

人によっては衣類など手荷物1つで身軽に行ける人もいるでしょうし、本格的に家具や家電製品を持っていきたいという方もいるでしょう。

 

もっとも、もともと1人で住んでいた家への引越しなので、そうたくさんの荷物は持ち込めません。

 

引越し業者を利用する場合は、単身プランやミニパック、作業員1名軽トラック1台で作業する業者など、荷物の量に見合った業者と格安のプランを利用するのが料金を安くする賢い方法です。

 

 

 

新婚さんの引越し

新婚カップルの引越しの場合は、一般的には2人で住む賃貸住宅やマイホームを購入して引越しを行います。

 

お互いがこれまで住んでいた賃貸住宅や実家から荷物を持ち込むため、2つの引越しが発生することになります。

 

業者はそれぞれ選んでもいいですし、日程も同じ必要はなく、いずれが先に運び込んだほうが作業のバッティングがなくスムーズなケースが少なくありません。

 

同じ業者に頼むことで複数割引やカップル割引などの特別なサービスやプランが利用できることもありますが、現在お住いの地域によっては、一方が営業エリア外であるケースもあります。

 

同じ業者の利用が難しい場合には、それぞれがその地域で一番安く、安心のサービスが受けられる業者を比較検討して選ぶといでしょう。

 

どうしても同じ日から住みたいという場合には、一方は午前便、一方は午後便などとして作業のバッティングがないよう配慮しつつ、同じ日に移転する方法もありますので、予約をする際は日程調整にも気を配りましょう。

 

 

 

お子さんのいない夫婦の引越し

お子さんがいないディンクス夫婦の場合、いずれかの転勤や新しい住まいへの移転が考えられます。

 

転勤などの場合は時期が限定されますが、住み替えなどの場合にはお子さんの転校など新学期に合わせる必要がないため、料金が安い時期を選んで移転するとスムーズかもしれません。

 

料金が下がりやすいのは2月から4月の中旬くらいまでの春の混雑シーズンやゴールデンウィークなどの休日シーズンを終え、6月の結婚シーズンが始まる前の時期や秋の9月の終わり、11月から12月の中頃まで、1月の正月明けの時期などです。

 

 

 

シニア夫婦の引越し

お子さんが巣立って小さな家や都心の便利なマンションに越したいという場合や、田舎暮らしやリゾート暮らしを始めたい方、高齢者向けの専用住宅への移転をする場合のシニア夫婦の場合は、料金や日程よりもサービスに重点を置くことをおすすめします。

 

ご年齢やお体の状態にもよりますが、シニアになって重い荷物を持ち運んだり、荷物を箱詰めするなどの作業は予想以上に大変なものです。

 

無理して体を動かしたり、うっかりケガなどしないためにも、梱包から開梱まで全て行ってくれるお任せプランやフルサービスプランを利用しましょう。