引っ越しでカーテンに関して失敗しないために覚えておきたいこと

引っ越しする際に意外と見落としがちなのが、カーテンに関する問題です。

 

プライベートを守りながら快適に暮らすために、目隠しや紫外線除けや室温を調節してくれるものとして必需品ではありますが、引っ越してすぐに、新居に完全にカーテンを揃えることは意外と難しいのです。

 

 

 

新居のカーテンの購入方法について

新居においてすぐに快適なプライベート空間を作るためのポイントとして、もし旧居と新居があまり離れておらず新居に転居前に行けるのであれば、先に各部屋の窓枠やレールの長さなどのサイズを測って必要な分のカーテンを揃えておくと安心です。

 

一人暮らしで部屋の数も少ないのであれば必要な枚数も少なくて済みますが、家族で住む場合には枚数もたくさん必要になってきます。

 

ここで気を付けなければいけないのは、旧居で使っていたものが新居の窓枠やレールに合うとは限らないという点です。

 

新居が新築で大きな窓であった場合などは、旧居で使っていたものは短いでしょう。

 

必ずしも前の物を使えるとは限らないことも頭に入れておきましょう。

 

また近年はオーダータイプも流行っています。

 

特殊な窓枠の大きさの場合であったり、生地のデザインにこだわりたい場合などは、オーダーして作ってもらうのもひとつです。

 

その際に気を付けなければいけないのは、オーダータイプの場合は出来上がりまで日にちがかかることが多いという点です。

 

オーダーしてすぐに仕上がるわけではないので、制作期間も考えて転居日までに間に合うように早めに注文しておきましょう。

 

 

 

カーテンが間に合わない場合の対策

引っ越しは何かとバタバタすることも多く、転居先でカーテンを付けようとしたものの旧居の物では合わなかったり、枚数が足りなかったりすることも多いものです。

 

そうした際は、とりあえず目隠しとして合わないものでも仮止めして付けておきましょう。

 

特に外から見えやすい位置にある部屋や寝室などは、プライベートを守りたいものです。

 

もし枚数が足りない場合は、テーブルクロスなどの大きめの布を洗濯バサミなどでとりあえずの方法で挟んで止めておきましょう。

 

何もしないよりは、少しでも生地があるほうが目隠しにも室温調整にもなります。

 

 

 

より素敵な新居にするために

新居では、心機一転してハッピーな新生活を送りたいと誰しも思うものでしょう。

 

カーテンはインテリアでもあり、その部屋に合った色やデザインの物を上手に選んで付けることで、部屋自体が素敵になります。

 

新しく購入するのであれば、風水を取り入れてみるのも良いでしょう。

 

例えば夫婦仲良く過ごしたいのであればピンク色の生地にしたり、ぐっすり眠りたいのであれば寝室はブルーの生地やデザインのものにすると良いとされています。

 

キッチンやリビングは、明るいイエローやオレンジにすると、ご飯がおいしく感じたり気持ちが明るくなったりします。

 

また寒い地域であるなら保温効果のある生地を二枚重ねで付けるのも一つの寒さ対策です。

 

逆に暑い地域であれば、涼しげなレース素材のものや紫外線カット効果が高いものを選ぶなど、上手に選んで、快適な生活を送りましょう。