新築戸建てに引っ越しを計画している人に役立つ情報

結婚を経験して、配偶者やお子様などの家族が増えると、賃貸マンションで生活をしている人も、部屋が狭く不便さを感じるため、新築戸建てを立てて、引っ越しをしたい人が増えています。

 

引っ越しの専門業者に依頼する時は、5月から2月頃までの平常期と、3月から4月の繁盛期では、費用がかなり違ってきます。

 

転勤や単身赴任などの場合は、繁盛期に依頼する場合が多いですが、新築戸建ての場合は完成時期に合わせて、専門業者に依頼できるため、費用を抑えるのは可能です。

 

普段から整理整頓を心掛けていたり、こまめに掃除をしている人も、荷物をまとめようとすると、クローゼットや押し入れに不用品が多いので、驚いた経験のある人も少なくありません。

 

 

 

引っ越しの前は不用品を処分しておきたい

なるべく費用を抑えたい人は、新居に不用品を持ち込む必要はないですから、早めに処分をしておく必要があります。

 

一年以上着用していない衣類や、独身時代に購入したけれど、デザインが古くなったブランド物のバッグやアクセサリーなどは、処分をしたり、専門業者に依頼して査定をしてもらい、値段の付くものは買い取ってもらいましょう。

 

読書が好きな人や映画鑑賞が好きな人は、本やDVD、ゲームソフトなどの数が多く、困られている人が少なくありません。

 

あまり読んだり、見ていない本やDVD、プレイの終わったゲームソフトなどは、専門業者に依頼して買い取ってもらいましょう。

 

デザインが気に入っていなかったり、欠けているお茶碗やお皿、湯呑みなどもこの機会に処分をしておきましょう。

 

 

 

部屋の見取り図を作っておくと家具の運搬がスムーズ

新築戸建てに引っ越しを予定している人は、新居で生活を初めてから、少しずつ家電や家具を買い足していくようにして下さい。

 

専門業者に依頼すると、自動車で運搬をしますが、移動距離が長いと揺れなどもありますから、割れ物や高価なものは破損を防ぐために、新聞紙やタオルなどを利用して、しっかりと梱包をしておく必要があります。

 

夫婦二人で生活をしている場合は、持っていく家財道具などの荷物の量が少ない場合は、トラックの台数を減らせるため、費用を抑えられます。

 

事前に部屋の見取り図を作って、家具や家電の配置を決めておくと、当日はスムーズに運搬をしてもらえます。

 

前日は冷蔵庫の中身を空にして、霜取りを必ずしておきましょう。

 

 

 

近隣住民にはきちんと挨拶をしておきたい

新築戸建てで、生活を始める時は、近隣住民とご近所付き合いをスムーズにしていく必要がありますから、きちんと挨拶をしておく必要があります。

 

高価なものは必要ないので、500円から1000円前後のタオルなどの消耗品や、台所用洗剤、洗濯洗剤などの実用的な物を選んで、手渡しておくようにして下さい。

 

地方では、近所付き合いを円滑にこなす必要がありますし、お子様のおられるご家庭では、お世話になることも多い傾向があります。

 

新築戸建てを建てると、親戚や旧居の人から新築祝いを頂いたり、引っ越し祝いを頂く機会も多いですから、きちんと内祝いの品物を準備しておくと、慌てずに済みます。

 

実用的ですぐに使ってもらえる品物は、受け取った人が喜んでくれます。